【iPad】ペーパーライクフィルムの選び方解説!上質紙とケント紙の違いを比較

アイテム

液タブやiPadなど、デジタルでお絵描きする方の多くが使用している「ペーパーライクフィルム」をご存知ですか?

ペーパーライクフィルムは、ザラザラした紙のような液晶フィルムのことです。

ツルツルの液晶画面がザラザラになることで、引っかかりが出来て、まるで紙に描画しているような使い心地になる!という商品です。

ろく
ろく

でも種類が多くて分からない!どれを選べばいいの~?

という方も多いのでは。

今回はお絵描き目的での「ペーパーライクフィルムの選び方」についてまとめたいと思います!

スポンサーリンク

用途:字を書くor絵を描く

ペーパーライクフィルムには、字を書く用絵を描く用で種類が分かれています。

↓字を書く用。やわらかい質感のフィルムで、ペンが少し沈み込むのが特徴です。イラスト用とは異なるので購入する際は注意!

↓イラスト用。パッケージに「描く」「イラスト制作に適している」等の文言があります。

スポンサーリンク

質感:上質紙orケント紙

絵の制作に適しているペーパーライクフィルムには「上質紙タイプ」と「ケント紙タイプ」の2種類があります。

上質紙タイプの特徴

  • 粗い質感で紙に最も近い
  • ペン先が滑らない
  • ザラザラとした質感
  • ペン先の消耗がある(削れてしまう)

ケント紙タイプの特徴

  • 上質紙より滑らかな質感
  • ペン先が滑りにくい
  • サリサリとした質感
  • 上質紙よりペン先の消耗が少ない

選び方

上質紙タイプは、もっとも紙に近くザラザラが強いです。そのため精密な線画が描きやすい等のメリットがあります。デメリットは、ザラザラしているためペン先が早く消耗してしまう点。特に筆圧の強い方は注意が必要です。

ケント紙タイプは、上質紙ほどのザラザラはなく、サリサリした質感。軽いタッチでサラッとお絵描きしたい方や、筆圧が強く、ペン先の消耗を抑えたい方にオススメ。

上記の特徴を理解して「何を重視するか」で選ぶと良いですよ。

ろく
ろく

ペン先の消耗より描きやすさ重視、ペン入れ命!という方は上質紙タイプ、絵はサラッと描きたいし、ペン先の消耗を抑えたい!という方はケント紙タイプが良さげ!

余談:ペン先の消耗が気になる方は、金属製のペン先に交換するという方法もおすすめですよ!こちらはアップルペンシル用の交換ペン先。シャーペンのように細い線が描きやすくなると好評です。

スポンサーリンク

貼り付け式or着脱式

ペーパーライクフィルムは「貼り付け式」「着脱式」の2種類があります。

貼り付け式

液晶画面にずっと貼り付けておけるタイプです。

メリット:いつでもお絵描きが出来てお手軽。
デメリット:液晶の鮮やかさが少し失われてしまう。

着脱式

iPadなど、液晶本来の美しさが損なわれるのは嫌だな…という方には、着脱式のフィルムという選択肢もあります。

メリット:イラスト制作以外では、美しい液晶画面を楽しめる。
デメリット:着けたり外したりが面倒な場合も。

着脱式にも上質紙タイプケント紙タイプがあるので、購入する際は商品説明を要確認です!

使わない時にフィルムを収納するための「専用ケース」が付属しているので、汚れなどから守ってくれて安心ですね♪

スポンサーリンク

エレコムの診断チャートから選ぶ

エレコムのサイトに、適したペーパーライクフィルムを選ぶための「診断チャート」があります。商品選択で悩んでいる方は、一度試してみてはいかがですか?

ペーパーライクフィルム|描き心地 - デジタルデバイスで絵を描くすべての人に“夢中になれる時間”を提供するデジタル画材|エレコム株式会社
デジタルデバイスで絵を描くすべての人に“夢中になれる時間”を提供するデジタル画材 端末に貼って自分好みの描き心地に変えられるフィルム
ろく
ろく

エレコムのサイトは診断チャートの他に「描き心地早読みチャート」もあって分かりやすいよ♪

スポンサーリンク

まとめ

今回はペーパーライクフィルムの選び方についてまとめました。

  • より紙に近い質感が良い、本格的なイラストを描く、ペン先の消耗は構わないという方は上質紙タイプ
  • 筆圧が強くペン先の消耗を抑えたい、紙の引っかかりが少ない方が良い、サラッとした絵を描く方はケント紙タイプ
  • タブレット本来の液晶画面を損ないたくない方は着脱式タイプ
ろく
ろく

皆さんのイラスト制作が捗るペーパーライクフィルムに出会えますように♪

私が今使っている商品は「ベルモンドのペーパータイプフィルム」。2枚入りでコスパ最強!商品レビューしたので、良かったらご覧くださいね♪