【iPadお絵描き】BoYataのタブレットスタンド人気2種の性能比較や選び方解説!

アイテム

こんにちは、毎日iPadでお絵描きしているろくです。

iPadだと場所を選ばずどこでも描けてとっても便利なのですが、描くとき姿勢が悪くなってしまい肩が凝ったり、支える手が痛くなるので長時間作業が出来ず悩みでした。

今までのお絵描きスタイル

それらを改善すべく、絵描きにも非常に評価の高いBoYataのタブレットスタンドを購入して3週間ほど使用してみたので、本音レビューしてみたいと思います!

スポンサーリンク

BoYata ノートPC・タブレットスタンド

今回購入した商品は「BoYata タブレット・ノートPCスタンド」です。カラーはシルバー、ダックグレー、シャンパンゴールド、ピンク、ブラックの5色あり、私はダックグレーを購入しました。 

スペックなど

タブレット等を載せる天板部分

表面はアルミ合金製だそうで、キラキラとして高級感があり耐久性も高そうです。ヒンヤリとした素材なので熱などにも強そうですね。

タブレットを置く部分は縦21cm×横29.5cm。排気用の穴が空いているので、ノートPCを置いて長時間使用しても熱がこもりません。上部と下部の2ヶ所に横長の滑り止めゴム(写真うすいグレーの部分)が付いているので、タブレットやノートPCを載せてもずれる気配ゼロ!

底面

底面にも大きな滑り止めが2ヶ所付いているので、使用中にデスクの上を滑る心配も全くないです。

高さを調節する可動式アームもかなり頑丈に出来ていて、角度変更するのも一苦労なぐらいびくともしません。

一番高くしても安定感があります

画像が一番高くした状態ですが、底面からタブレットの底部まで約16cmありました。この状態で使うとほぼ目線の位置にタブレットが来るので、動画視聴や文字入力の際に姿勢が悪くなることもないです。

類似商品の比較

BoYataのタブレットスタンドは種類が多く、結局どれを買えばいいの?と悩む方も多いのではないでしょうか。私も人気の2種で悩んだのでスペック比較をしてみましたよ!

人気トップ2の性能比較

サイズ感、対応しているサイズなどはほぼ同じでした。大きく違う点としては天板に付いている滑り止めゴムと排気穴の形状、あとはカラーバリエーションですので、この辺の好みで選ばれると良いかと♪

価格については日々変動がかなりあって何とも言えませんが、大体4千円代で販売されている印象でした。あとは商品によって割引キャンペーン等が適用されることも多いので、気になる商品は随時チェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

使い方

お絵描きの場合

画面が見やすくて描きやすい

絵を描く時は画像のようにあまり高さを出さず、角度を少しだけつけてあげると描きやすいです。iPad11インチを横に載せて使っていますが、横幅も上部もサイズに余裕があるのでiPad12.9インチでも大丈夫だと思います。液タブ用に使用している方も多いようですよ!

本当に安定感があって、絵を描くときに腕を載せてもびくともしません。

タブレットを支えるための出っぱり(横幅4.5cm×奥行き1.6cm)が下に2ヶ所あるので、イラストの下側を描く時に邪魔になるかな?と思いましたが、実際に使ってみたところそこまで気になりませんでした。

タブレットの下に厚みのあるものを敷けば違和感を改善できるとのレビューを見たので、段差が気になる方は一度試されてみてはいかがでしょう♪

段差を改善する方法

文字入力の場合

文書等を入力する時は、お絵描きの時よりもう少し起こしてあげると画面が見やすいです。お絵描きだけでなくiPadをノートPCのように使うこともできてありがたい♪

スポンサーリンク

使った感想

3週間使った感想ですが、シンプルでオシャレなデザインなので部屋になじみます。安定感がとてもあって機能性についても文句なしです。肩こりや指の痛み等の身体的ストレスがなくなり長時間の作業もとっても快適です。更にお絵描きに対するモチベが上がり、買ってよかった〜!な一品となりました。

今の作業環境を見直したい!という方には大変オススメ。

Amazonだと定期的に1,000円オフクーポンが発行されたり割引キャンペーンが実施されていることも多いので、ぜひチェックしてみて下さいね!